06日 9月 2017
あっという間に季節は、「白露」となってしまいました。そう言えば、いつの間にか、朝晩涼しくなって秋なのかな?と思えてきます。 あまり良い事は日々ないものの、身体を休める時間は充分ある生活を送っている。 空手から離れているように、周囲は危惧している様子だが、決してそういった訳ではない。 何故なら、那覇手そのものが、小生の生き方其の物だから、切り離す事など出来ないのでした。 季節を感じ、人を思い、自然の声を聴いている東京暮らしは贅沢なのかもしれない。(笑) 最近都会にも自然が多く残っていると…。 ただ見落としがちな生活になっているだけなのか?とも感じています。 共存共栄していきたいですね。
21日 6月 2017
この日を迎えることに、漸く落ち着いて向かい合う事が出来るようになってきました。 悲しみより、懐かしさの度合いが増すようになって来たからなのでしょうか? 体調の悪さはあっても、気持ちは穏やかでした。 朝から、あの日を思い出させるような、同じ土砂降りの雨…。 それでも、あの時とは違って、絶望の痛みではなく、この雨が、思い出として、愛おしく感じられるようになりました。 皆さんに支えられて、無事に暮らしております。 安心して見守っていて下さい。 大切な思い出だけは、何故か忘れないんですよね。 そして、嫌な思いは癒えて行くのでした。 忘却も…。時には必要なんですね。
11日 3月 2017
何の因果か?浮世離れした人生(宿命)なのか? 小生は、今日もやはり道場に居た。 本来ならば外出予定もあったこの日、何故か、インフルエンザ感染予防にて閉鎖している道場で…。 この時間、6年前と同じく墨東五区大会前なので、出場選手だけ稽古をつけていた…。...
08日 3月 2017
日中は寒さも和らぐ季節になって参りました。 それはそうですよねー。 もう三月初旬ですから…(´▽`*) 小生が動けない分、みんなが頑張ってくれて、支部道場も活気に満ち溢れています。 便乗して、そろりそろりと、小生も動き始めようとしております。 あっという間に、卒業式を迎える生徒もいて、何となく春めいてきましたね~。🌸(≧◇≦)🌸...
03日 2月 2017
本日は恒例の、先代師匠の菩提寺の節分の撒き手の裃を着付と、ご祈祷を受けに行って参りました。 世界三大荒行の一つの大荒行の参行の修行をなさった御上人さまの素晴らしいご祈祷を受け、少しでもお手伝い出来て、清々しい気持ちになれました。...
20日 1月 2017
何とか病院の許可を得て、代理の利かない大事な足立区体育協会の賀詞交歓会(足立区官庁14階)に出席して、そのままザーッと病院へ戻る。 足立区の体制はとてもフレンドリーで、議員さんも、出席していても、党派関係なく、足立区の発展のために集ってくださっている雰囲気がしました。 👈こちらは、スポーツ振興課Y根課長!...
17日 1月 2017
あれから二年経つ…。 何故か小生も、今回は病院のベット。 我を忘れたいが為の忙殺の日々から、一気に離れて2か月半。 認めざるおえない状況に置かれ。。。今は感謝です。 まだ、泣いてはいけない事を漸く悟った愚か者だが、 受け継いでいこうとしてるかは別として、この掌に公方の光を求めている人たちがいる限り、成さねばならない責務だと、考えている。...
16日 1月 2017
道場に設置された、コタツに捥ぐって安静にしながらも、黙々と口頭だけの指示で、基本動作を理解し、直して稽古に励む門中達…。 有難い。昨日は寒い日曜日だった。 空手衣の中のハートは熱く…小さいながらも、支えようとしてくれているのが、静寂な空気からも伝わってくるので、言葉は要らない。 最小限のアドバイスのみである。...
08日 1月 2017
久々の黒道衣「金剛」 T海堂さんの道衣はGood job! 身体に馴染む~ぅ! 門中全員集結しての、久々の稽古始めの儀は、充実していた。 外泊許可での決行にて、門中諸君には色々と不便を掛けている筈なのに、皆が優しい…。 本当にありがとう! 君たちが、門中達で良かった。...
25日 11月 2016
もう少しで、夏目漱石の死に方を仕掛けたらしい…。 「紺屋の白袴」まさに、そんな感じで、病弱な身体という事を忘れ、武人としては恥ずかしい結果と成りました。 3つも病を抱えての胃潰瘍のstageA2は、 医者泣かせ? m(__)m…ス、スミマセン。(;^ω^) 今は、病と闘っています!(笑)イツデモタタカウ!(≧◇≦) 社会復帰には暫しご猶予頂きたい。...

さらに表示する